[ Content | Sidebar ]

Archives for 3月, 2009

みんなだいすきエビマヨ

「そうだ、エビマヨ作ろう!」と思い立ち作りました。 エビマヨ・・・なんて幸せな響きなんでしょう。 海老はしっかり下処理をしたら、片栗粉をつけて揚げます。マヨネーズと練乳とケチャップを3:2:1くらいの割合で混ぜ、あとはレモン汁を少々。もっとこってりが好みならば、生クリームを加えるといいです。ここに揚げたエビを入れて混ぜたら出来上がり。 エビマヨ、はじめて自分で作ったけど、手作りするとおいしい!ご飯がススム。

青椒肉絲

豚肉は細切りにし、醤油1酒1サラダ油1塩こしょうで下味をつける。片栗粉を加え、冷蔵庫でしばらく寝かします。(サラダ油を入れるのは、細切りにした豚肉同士がくっつくのを防ぐためです。)油を熱したフライパンに肉を入れて炒め、次にピーマン・たけのこを加え強火でいっきに炒める。調味料(醤油1砂糖1酒1オイスターソース1)を加え最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。とにかくスピードが大切!あ、あとたけのこの水煮はそのままでも使えますが、一度下茹でした方が美味しくなります。 もし余ったら、青椒肉絲をそのまま春巻きの皮に包んで揚げると、また違った美味しさを楽しめます。

キャベツの昆布和え

千切りにしたキャベツと昆布と胡麻を混ぜるだけ。これ、すっごく美味しいです。全部混ぜたら冷蔵庫で30分くらい置いておくとキャベツから水分が出て自然としんなりします。もうサラダ感覚でキャベツ半個くらい余裕でパクパクいけちゃいます。一日置くと更にしんなりして、半分くらいの量になり、前日より濃い味になってこれまた美味しい。昆布はたくさん入れたくなっちゃうのですが、時間が経つとキャベツのかさが減るので、心持ち少なめでも大丈夫。昆布入れすぎると辛くなっちゃってサラダ感覚では食べれません。 ちなみに昆布は塩昆布ではなく、甘いごま昆布を使用。どこのスーパーにも必ず売っている、フジッコのものです。キャベツにはこれが一番おいしい!

3/13おべんとう

ピーマンの肉詰め・卵焼き・ちくわチーズ・ウィンナー・昆布キャベツ・玄米ご飯 今日は、いつもの豚ではなく鶏挽肉で作ってみました。脂も少ないので私はこっちの方が好きかも。ただ、お弁当にそのまま入れるとあまりにもあっさりし過ぎているので、砂糖1みりん1醤油1の割合で照り焼きソースを作って甘辛の味付けにしました。

3/12おべんとう

コロッケ・エビフライ・ひじきの煮物・出し巻卵・ブロッコリーの芯のポン酢あえ・佃煮 今日は大急ぎで作りました。 冷凍庫に作り置き保存していたものです。

肉味噌アレンジメニューその1

野菜の肉味噌炒め 醤油と酒で下味をつけた豚肉をサラダ油で炒め、火が通ったら野菜を加え、酒を入れて蓋をして蒸し焼きに。火が通ったら肉味噌をたっぷり加えて軽く炒め、最後に風味付けの胡麻油を少しだけ回し入れて出来上がり。

3/10おべんとう

ササミのしそ巻き揚げ&海苔巻き揚げ・卵焼き・ウィンナー・ひじきの煮物・牛肉の佃煮・ブロッコリーのおひたし・たくあん

ゆうはん色々

生野菜と肉味噌ディップ 先日作った肉味噌をたっぷり味わうために、まずはシンプルに生野菜につけて食べてみました。 ササミと梅とシソの春巻き・ササミとほうれん草のチーズ春巻き ササミと梅肉とシソと春巻きの皮で巻いてフライ。梅が入っているので味付けは一切なし。さっぱりしていて美味しかったです。残ったササミで、我が家定番のほうれん草&チーズの春巻きも作りました。 こちらが梅の方。 うーん断面があまりキレイじゃないなぁ。シソと梅の色合いを期待して切ったら、シソが隠れてしまいました。 こちらはほうれん草&チーズ。 包丁で切ると、中からチーズがとろーん。

3/9おべんとう

キャベツメンチカツ・マグロの漬け焼き・ひじきの煮物・かぼちゃの煮物・ウィンナー 昨晩の手巻き寿司で使ったマグロが少し余ったので、酒2・醤油1・みりん1に漬け、小麦粉をまぶし、胡麻油でこんがり焼いてみました。これが大ヒット!お弁当のおかずにするだけではもったいない。ちゃんと盛りつけをすれば、立派な一品になりそう。

肉味噌

安かったので挽肉を購入したものの、ハンバーグや餃子にするのもつまらないなぁと思い、肉味噌を作ってみました。 見栄えはあまり良くないけど、甘辛くて美味しいです。 挽肉をごま油で中火で炒め、その後たっぷりの砂糖を。そして、味噌とすりおろしたタマネギと生姜とみりんとすりゴマを入れてさっと炒めて出来上がり。甘さは好みで加減を。冷蔵庫で二週間くらいは日持ちします。 たくさん作ったので、肉味噌を使った料理をいっぱい考えなくちゃ。まずは、やはり定番の茄子の肉味噌炒めかな。でもこれは意外とシンプルにディップとして生野菜につけて食べるのが一番美味しいんです。